トラリピで年利10%の利益を堅実に積み上げる方法【FX初心者でも安心】

  • トラリピで年利10%は狙えるの?
  • トラリピの評判や口コミはどうなの?
  • トラリピはFX初心者でも大丈夫?

FX投資と聞くと大変リスクが高いものだと感じている人が多い中で、最近トラリピを活用した長期的なFX投資が人気を集めている。

トラリピとは、マネースクエアが特許を持つFX投資における発注ツールの一つであり、FX初心者でも簡単に投資に取り組めると大変話題だ。

金融投資の中では特にギャンブル性が高いとされているFX投資において、トラリピを活用することで一度設定しておけば、後は放置していても利益が見込める。

本記事ではトラリピに関する具体的な運用の仕方や、サービスの口コミ・評判などに関して、詳しく解説している。

最後まで読むことでFX初心者でもトラリピを活用して、簡単に投資ができることだろう。

この記事の結論
  • トラリピは長期運用で、年利10%を狙える可能性が高い
  • 相場を予想する必要がなく、FX初心者でも安心して使える
  • FX投資を効率的に行える

1.トラリピがおすすめできる理由と稼げる仕組み

出典:MONEY SQUARE

FX投資に役立つツールとして話題のツール「トラリピ」は、株式会社マネースクエアが提供しているサービスの一つだ。

トラリピは、3つの仕組み(トラップ・リピート・イフダン)を組み合わせた注文方法を採用しており、プロのFX投資かも採用している注文方法の一つでもある。

  1. トラップ:いくつもの注文を罠を仕掛けるように、等間隔にまとめて設定
  2. リピート:決済成立後、注文を何度も繰り返す
  3. イフダン:もし〇〇円で買えたら、〇〇円で売る、というセット注文を設定

一度、設定しておくと後は自動的に売買が行われるため、相場を気にすることなく、長い目で利益を得ることが可能だ。

普段から本業の仕事で忙しい人ほど、トラリピの仕組みを活用したFX投資が大変おすすめできるのは、3つの仕組みがあるからに他ならないと言えるだろう。

2.トラリピで年利10%を実現させる3つの方法

出典:MONEY SQUARE
  1. じっくり待つ(長期運用)
  2. 結果を急いでハイリスクな設定にしない
  3. ときどき設定の見直しを行う

トラリピで年利10%の利益を上げるためには、3つの決まり事をしっかりと守る必要性がある。

特にFX投資においては、短期的なトレードは大変ボラリティが高いため、あくまでも長期的な目線で取り組むのが得策だと言える。

合わせてトラリピは一度設定しておくと、その後はコンピュータが自動的に売買してくれるが、最低でも月に一回程度は設定の見直しを行う必要があるだろう。

2-1.じっくり待つ(長期運用)

トラリピでは最初の数日は含み損益になる可能性が高いため、短期的な資産運用にはおすすめしない。

合わせて、為替の値動きは実はそれほど大きくはなく、日々小さな値動きを繰り返しているため、短期トレードだと大きな利益が見込めない。

そのため、トラリピは長期的な運用を前提に活用を検討する必要がある。

世界的にも有名な投資家「ウォーレン・バフェット」も実践している、”ドルコスト平均法”の考えを元に、トラリピを活用した長期運用を行うことで年利10%が狙える訳だ。

2-2.結果を急いでハイリスクな設定にしない

トラリピでは自由に売買の注文設定が行えるが、設定次第によってリスクとリターンの比率が変わる。

大きくリスクを取ればその分リターンも大きく得られる訳だが、トラリピの注文ツールはあくまでも長期運用を目的としているため、結果を急いで最初から無理な注文設定をするのはおすすめしない。

特にFX初心者は最初から利益ばかりに目がいってしまう傾向にあるため、堅実に年利10%を狙うのであれば、最初から無理な設定にしないことだ。

2-3.ときどき設定の見直しを行う

FX投資ではその年きの値動きが大きいか小さいかによっても、最終的な利益に影響を与える。

そのためトラリピで一度、注文設定を行って放置する場合であっても、必ず定期的に設定の見直しを行う必要がある。

特にリーマンショックやコロナショックなどの、世界経済に大打撃を与えるようなイベントが起こった際には、必ず設定を見返すべきだろう。

確かにトラリピはFX投資において大変便利なツールではあるが、あくまでも資産運用を行なっているのは、あなた自身であることを忘れてはいけない。

3.トラリピを活用する際の主な3つのメリット

  1. 相場を予想する必要がない
  2. FX投資に時間を取られない
  3. 相場の値動きに左右されない

トラリピは自動売買ツールなので、FX初心者の人でも気軽に投資を行うことができる。

巷のSNS等には怪しいFX自動売買ツールが出回っていることがあるが、トラリピの注文ツールは大変信頼できるものなので、安心して活用できるはずだ。

また、トラリピを活用する主なメリットは3つあり、どれもFX初心者にとってはありがたい特徴だと言えるだろう。

3-1.相場を予想する必要がない

FX投資においては相場を読んで売買を行い、利益を得るトレーダー的な取引の仕方があるが、基本的には投機性が高いためFX初心者にはおすすめしない。

そもそも相場を読むこと自体が大変プロでも難しく、年間を通して利益を得るためには、膨大な知識と経験が必要不可欠だからだ。

基本的にFXに限らず投資は基礎を勉強した上で取り組むのが好ましいが、トラリピでは最初に注文設定を行うだけで良いので、難しい勉強を省くことができる。

3-2.FX投資に時間を取られない

FXの相場は24時間動いているため、人によっては常に相場が気になり、仕事や家事に集中できないものも多い。

特に最近はスマホで簡単に相場を確認できる上に、売買も容易に行えるため人によっては、一度エントリーしたら常に相場が気になることだろう。

とはいえ、常に相場を確認しながらチャンスを伺うのは不可能だ。

しかし、トラリピを活用することで自動的にコンピュータが代行して売買を行なってくれるため、相場をわざわざ監視しなくても楽に利益を上げることができる。

3-3.相場の値動きに左右されない

トラリピでは相場の値動きが大きければ大きいほど、利益が大きく出る仕組みとなっている。

本来ツールを活用していない場合は、相場の値動きに振り回されてしまい、無駄な売買を繰り返し資金を溶かしてしまう危険性もある。

しかし、トラリピで一度設定を行なっておけば、どれだけ相場が乱高下したとしても、相場に振り回されることはない。

4.トラリピを活用する際の主な2つのデメリット

  1. 最低でも約30万円の資金が必要
  2. 取引手数料が他社よりも高め

トラリピの最大のデメリットは、ある程度まとまった投資資金が必要なところだろう。

100円から気軽にできる投資信託などとは違い、最低でも約30万円は元手がないと、トラリピ本来の良さが活かせないからだ。

また、トラリピは手数料(スプレッド)が他社よりも高めに設定してあるため、実際に活用する際には必ず把握しておいて欲しい。

4-1.最低でも約30万円の資金が必要

トラリピの売買システムは最低取引単位が1,000通貨となっており、相場に対していくつもの罠(売買注文)を設定することで、利益を得る仕組みとなっている。

そのため、仕掛ける罠が少なすぎるとその分利益も少なくなる上に、トラリピ本来の良さである相場を予想しなくて良いという利点が、活かせなくなってしまう。

実際にトラリピで年利10%の利益を狙うのであれば、最低でも約30万円の元手が必要となるだろう。

4-2.手数料が他社よりも高め

FX会社名スプレッド(米ドル / 円)
トラリピ
(マネースクエア)
3銭
ループイフダン
(アイネット証券)
2銭
連続予約注文
(マネーパートナーズ)
0.3銭
※ 2021年5月データ

トラリピをはじめとした、発注ツールを採用しているFX会社は複数あるが、どこも基本的には取引手数料は無料となっている。

しかし、取引にかかる手数料としては、他にも売値と買値の差で生じる手数料(スプレッド)が存在しており、トラリピはスプレッドが高めに設定されている。

スプレッドの値は取りする通貨によって変動するが、決して容認できるものではないため、実用する際には必ず個人でも確認するようにして欲しい。

5.トラリピ利用者のリアルな口コミ・評判

結論から言うとトラリピの口コミや評判は、大変良好と言えるだろう。

トラリピの利用者は大変多いため、Twitterなどで「トラリピ」と検索すると、膨大な口コミや評判が簡単に確認できる。

すでに多くの利用者がいると言うことは、それだけ信頼されているサービスであると言うことであり、これからも利用者は右肩上がりに増えていくだろう。

5-1.良い口コミ

トラリピは一度設定が済むとその後は、放置しておいても問題ないため、特にFX初心者には人気が高い傾向にある。

元手が少なくても堅実に利益を積み上げることで、長期的には大きな利益にすることができるため、安心して相場を見守ることができるのもトラリピの魅力だ。

この方は約2年ほどトラリピで資産運用を行われたようだが、コロナショックの影響もあってか、かなり大きな利益を得ているようだ。

相場の乱高下に強いのもトラリピの強みなので、早期に始めた方は相当利益を得られていることだろう。

トラリピでは相場が下がれば買いに走り、相場が上がれば売りに自動的に転じるため、損失を出さずに資産を増やすことが可能だ。

しかし、定期的な設定の見直しは必要なので、完全に放置しないように注意して欲しい。

5-2.悪い口コミ

スワップポイントとは、通貨ペア同士の金利差を指しており、プラスにもマイナスにもなりうるものだ。

トラリピでは基本的に長期運用が前提としてあるため、マイナススワップの状態で長期保有すると、ユーザーは手数料としてスワップを支払う必要がある。

マイナススワップを極力避けるためにも、定期的な設定の見直しが必要不可欠と言うわけだ。

トラリピの取引の際にかかる手数料(スプレッド)は、競合他社よりも高い設定なので、その点を考慮した上で利用するかどうか検討して欲しい。

とはいえ、トラリピの注文のしやすさや、アプリの使いやすさ、シミュレーションツールの充実度を考えると、微々たるものだと言えるだろう。

6.トラリピの始め方【簡単3ステップ】

  1. マネースクエア公式サイトからFX口座を開設
  2. 開設したFX口座に入金する
  3. トラリピを活用して、資金の範囲内でFX投資を開始

トラリピを始めるにあたり、まず初めにマネースクエアの公式サイトから、口座開設を行う必要がある。

口座開設に必要なものとしては、主に3つ。

  • メールアドレス
  • 銀行口座(出入金用)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)

口座開設に関しては、問題がなければ申し込み日から3〜5日(営業日)程度で完了する。

無事にFX口座が開設できた後は、登録した銀行口座から投資資金を入金し、すぐにでもトラリピを活用したFX投資が可能だ。

詳しくは、マネースクエアの公式サイトで確認して欲しい。

7.トラリピに関するよくあるQ&A

トラリピに関する多くの質問や疑問の中から、特に多かった内容だけに絞って、分かりやすく回答をまとめてみた。

これからトラリピを活用して、FX投資を始めてみようかと検討されている人は、参考にしてみて欲しい。

また、取り上げていない内容で気になることがある人は、公式サイトから直接問い合わせてみることをおすすめする。

トラリピではマイページ内の「資産推移グラフ」で視覚的に、トータル運用成績や資産状況が、どのように推移したのかを確認することができる。

  1. マイページトップ 
  2. (画面右上方)お客様情報 
  3. (画面中央付近)資産推移グラフ
出典:MONEY SQUARE

ただし、通貨ペアごとの損益は表示されない。

通貨ペアごとの損益を確認したい場合は、PC用のトレード画面にある「CSVダウンロード」を活用して、確認することができる。

確かにトラリピでは手動で運用することもできるが、基本的にはおすすめしない。

手動で運用する場合には、スワップやスレッドが有利な条件で運用できるという大きなメリットがあるが、手間がかかる上にFX初心者が利益を出すのは難しい。

そもそも、トラリピはFX初心者でも簡単に自動で売買が可能なところが売りなため、わざわざツールの特徴を無視して、無理に手動で運用することはないだろう。

ネット上でトラリピを実際に利用されている一定の人が、儲からないと嘆いている理由としては、主に4つ挙げられる。

  1. 短期的な利益を求めるあまり、運用期間が極端に短い
  2. リターンに目が眩み、度を超えたリスクを取りすぎている
  3. 仕組みを正しく理解できておらず、トラリピの設定が甘い
  4. レンジ相場の通貨ペアを選ぶことができていない

トラリピで稼げていない人は、必ずどれか一つが当てはまるはずだ。

逆に、しっかりと稼げていない理由が把握できれば、改善することで稼げるようになるので、諦めないで欲しい。

結論からいうと、トラリピで年利20〜30%の運用益を出すのは不可能に近い。

世界一の投資家として名高い「ウォーレン・バフェット」ですら年利20%前後という中で、素人が年利20〜30%の運用益を出すのが、どれほど無謀であるかお分かりいただけるだろう。

確かに、大きなリスクを背負ってトレードを続けていけば、奇跡的に年利20〜30%を叩き出せるかもしれない。

しかしそれは、資産運用ではなくただのギャンブルだ。

まとめ|トラリピを活用して年利10%を堅実に目指そう!

トラリピはFX投資における、大変便利な自動売買ツールとして紹介してきた。

FX初心者でも気軽に始めることができる上に、一度売買の設定を行えば後は、長期運用で確実に利益が望めるだろう。

実際にこれからトラリピを活用して運用する際には、今一度3つのコツを思い出して欲しい。

  1. じっくり待つ(長期運用)
  2. 結果を急いでハイリスクな設定にしない
  3. ときどき設定の見直しを行う

正しく仕組みを理解して、資産運用を行えば決して大きく損失を出したりすることはないだろう。

ただし、投資はあくまでも自己責任であることを忘れてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です