カップアンドハンドルのチャートパターンを徹底解説【知らなきゃ損】

  • カップアンドハンドルとは何なの?
  • カップアンドハンドルを覚えるメリットは?
  • カップアンドハンドルのチャートパターンは?

FX投資におけるカップアンドハンドルとは、テクニカル分析で用いられるチャートパターンの一つである。

専業トレーダーの多くは特定のチャートパターンを用いることで、エントリーや確定のポイントの根拠として判断していることが多い。

カップアンドハンドルも環境判断する際の要因の一つとして数えられていると共に、

覚えておくことで大衆心理をチャートから読み取れるようになるだろう。

また、FX投資では独自の勝ちパターンを持っていることが、継続的に利益を上げるための方法といっても過言ではないため、

カップアンドハンドルも是非とも押さえておきたい手法の一つだ。

本記事ではFX投資における、カップアンドハンドルを活用した取引手法に関して、初心者でも分かりやすく解説している。

最後まで読んで頂くことで、あなたもカップアンドハンドルを正しく理解し、活用することができるようになるだろう。

この記事の結論
  • カップアンドハンドルは、大衆心理を意識した逆張り・順張り手法である
  • カップアンドハンドルは多くの専業トレーダーが活用している
  • カップアンドハンドルを覚えておくことで、大衆心理を理解しやすくなる

1.カップアンドハンドルとは大衆心理を意識した逆張り・順張りの手法

出典:トレードアカデミー

カップアンドハンドルとは、FX投資におけるテクニカル分析の際に用意られるチャートパターンの一つだ。

専業トレーダーの間でも人気のあるアメリカの投資家”ウィリアム・オニール”が、1988年に発売した本

「オニールの成長株発掘法(How to Make Money in Stock)」

の中で、詳しく紹介されたことで日本でも話題となった。

その名の通り、チャートパターンがコーヒーカップの形に似ていることから、カップアンドハンドルと名付けられている。

市場では比較的他のチャートパターンよりも出現頻度が高く、トレーダーの間では順張り・逆張りのチャンスとしてよく活用されている。

また、値動きの特徴としては上昇トレンドと下降トレンドで、その後のチャートの動きの予測が異なるので、

活用する際には注意するようにして欲しい。

  • 上昇トレンド:カップアンドハンドルのパターンが現れたら、さらなる上昇の可能性を示す
  • 下降トレンド:逆カップアンドハンドルのパターンが現れたら、さらなる下落の可能性を示す

2.カップアンドハンドルを覚える主な2つのメリット

カップアンドハンドルは、FX投資におけるテクニカル分析でよく使われるチャートパターンであるため、

実際に検証を行う際には必ず覚えておいて欲しいチャートパターンの一つだ。

比較的にFX初心者でも見つけやすく、頻繁にチャートでは現れるため、様々な場面でカップアンドハンドルを疑うことが多くなるだろう。

上手くチャート上で見つけることができれば、エントリーや利確のタイミングが、分かりやすくなるという利点もある。

2-1.大衆心理がよく分かるようになる

そもそもカップアンドハンドルをはじめとしたチャートパターンには、市場参入者の心理そのものが影響している。

FX市場では様々な要因で価格が上下する訳だが、カップアンドハンドルのような典型的なチャートパターンが起きている時は、

売り手や買い手がどのようなことを考えているのかが予測しやすい。

そのため、チャートの動きから大衆心理を上手く理解して、先回りを行い予測することで、上手く利益を上げることができる訳だ。

逆に、カップアンドハンドルのようなチャートパターンを上手く使えない人は、

目の前のチャートだけに左右されてしまい、予測ができずに負けてしまう場合が多いので注意しよう。

2-2.使えるチャートパターンが増える

FX投資ではチャートパターンの兆候を素早く掴み、その後の市場の動きを予測しながら、

エントリーや利確等を行うのが定石となっている。

そのため、全くチャートパターンに関しての知識と経験がないことには、FX投資で長期的に利益を出していくことは難しいだろう。

確かに短期的であればFX初心者でもその場の運次第で勝つことはできるが、

偶然勝てた取引手法には全くもって再現性がなく、ただのギャンブルトレードといっても過言ではない。

長期的に利益を出している専業トレーダーの多くが、多くのチャートパターンを把握しており、

知識や経験を総動員して取引を行なっている訳だ。

なので、FX初心者ほど最初はしっかりと、チャートパターンを覚えることに専念して欲しい。

3.カップアンドハンドルのチャートパターンの形状

カップアンドハンドルのチャートパターンの形状は、とても覚えやすい。

その名の通り”コーヒーカップ”に形状が似ており、よく観察することでチャートの至るところで、見つけることができるだろう。

カップハンドハンドルの特徴としては、上昇トレンド時には最初に弧を描くようなカップの形となるソーサーボトムを作った後に、

ネックラインで”ハンドル”と呼ばれる部分ができる。

理想的なエントリーポイントとしては、ちょうどハンドルが出来た部分となり、

順張りのチャートパターンで利益を出すのが定石だ。

逆に、ハンドル部分のネックラインを割って下降した場合は、ダブルトップが成立することにより、

ショートエントリーすることになるだろう。

4.カップアンドハンドルのエントリーポイント【順張り・逆張り】

カップアンドハンドルのエントリーポイントは、極めて見つけやすく上昇トレンドであれば、

FX初心者でも簡単に見つけることができるだろう。

特に定石となる順張りの際のエントリーでは、逆張りと比較して大きく利益を獲得しやすい。

逆に、逆張りの際にはエントリーと決済のタイミングがとても重要となってくるため、

初心者には少し難しいと感じるかもしれない。

そのため慣れないうちは、順張り手法を主力にカップアンドハンドルで、利益獲得を狙っていって欲しい

4-1.カップアンドハンドルの順張りでのエントリーポイント

カップアンドハンドルの定石とも呼べる取引手法は、順張りエントリーである。

順張りの際のもっとも理想的なエントリーポイントは①の部分となるが、

FX初心者にはその後上昇トレンドになるかの判断がとても難しい。

そのため、②のエリアまで我慢した後に、上昇トレンドが継続することを確信した後で、順張りエントリーしても問題ないだろう。

チャートが②のポジションまできて、しっかりとカップアンドハンドルの兆候がみられた場合には、

その後も高確率で上昇トレンドが継続するといっても過言ではない。

4-2.カップアンドハンドルの逆張りでのエントリーポイント

逆張りのエントリーポイントは、順張りと比較して少し難易度が上がる。

理由としては、カップアンドハンドルが成立したものの、その後のチャートの反転のタイミングがとても短く、

エントリーしてから利確するまでのタイミングを図るのが難しいからだ。

とはいえ、その後トレンド転換が起こりそうな兆候が見られたのであれば、

短期トレードを目的に逆張りでエントリーし、利益を狙うのも一つの手なので覚えておいて損はない。

カップアンドハンドルのチャートパターンをしっかりと覚えておくことで、

チャートの動きに合わせて順張り・逆張りを使い分け、利益を出すことができる訳だ。

5.カップアンドハンドルを活用する際の2つの注意点

FX投資でカップアンドハンドルの手法を試す際には、逆のパターンがあることやチャートパターンの崩れ、などに注意して欲しい。

特にカップアンドハンドルが綺麗にチャートに表示されていない場合は、

FX初心者だと確証が持てない場合が多いため、無理にエントリーする必要はないだろう。

また、逆のパターンでカップアンドハンドルが現れた際には、

見方が逆になるだけでエントリーのポイント自体は、正規表示と変わりないため難しく考えることはない。

5-1.カップアンドハンドルのチャートパターンには逆もある

カップアンドハンドルには正規表示の時と、逆のチャートパターンで現れる時の2つのパターンが存在する。

逆チャートパターンの時は、別名「インバース・カップアンドハンドル」と呼ばれており、

エントリーのタイミングなどが通常と逆になることを覚えておこう。

ただ、FX初心者には正規表示と比較して見つけにくい傾向にあるため、判断が難しい場合は無理してエントリーする必要はないだろう。

5-2.カップアンドハンドルには崩れパターンも存在する

カップアンドハンドルのチャートパターンは、常に綺麗に表示されるとは限らない。

大体の場合が崩れた形のチャートパターンで表示されるため、市場環境に慣れないうちは見極めが難しいと感じることだろう。

経験豊富な専業トレーダーであれば、ある程度崩れた状態でカップアンドハンドルが表示されたとしても、すぐに見つけることができる。

FX投資で勝つためには、しっかりとした知識と経験がものをいう。

そのため、自身のチャートパターンの見極めに高い確率で確証が持てないうちは、

過去検証しながら学習し実践で多くの経験を積むしか方法はない。

6.カップアンドハンドルに関するよくあるQ&A

カップアンドハンドルに関する多くの質問や悩みの中から、特に多かった内容だけに絞って、それぞれ分かりやすく回答をまとめてみた。

これからカップアンドハンドル手法を活用して、FX取引を行おうと考えている人は参考にして欲しい。

また、取り上げていない内容で気になることがある人は、自身でしっかりと調べて納得した上で、FX投資に取り組んでもらいたい。

カップアンドハンドル手法の利確ポイントは、順張りエントリーであれば上昇トレンドがある程度、

継続して続いている間に利確すれば問題ないだろう。

また、トレンド転換の兆候が見えてから利確しても問題ないと言える。

逆に、カップアンドハンドルで逆張りエントリーした場合は、利確のタイミングが順張りよりも早くなるため、

トレンド転換が見え始めたら早期に行うのがコツだ。

FX投資における「だまし」とは、予想していたチャートパターンとは逆の動きをすることを意味する。

仮にカップアンドハンドルの兆候を予期して、エントリーをした後に”だまし”だと気づいた場合は、

順張りエントリーであれば早期に損切りすることをおすすめする

逆に、逆張りエントリーで”だまし”だった場合は、予想していたよりも大きな利益が見込めるので、

ある程度市場を観察した後に落ち着いて利確しても問題ないだろう。

結論からいうと、上昇か下降かを最初から予測しないことが賢明だと言える。

カップアンドハンドルのチャートパターンにおいて、ハンドルの後に上昇トレンドが継続されるか、

トレンド転換が起きて下降するかは予測が難しい。

そのため、どちらに転んでも良いようにしっかりと決済のポイントを決めた上で、エントリーすることが大切となる。

仮に上昇トレンドが続けば順張りエントリーが功を成すだろうし、

ハンドル後に下降した場合は逆張りエントリーを意識して決済すれば良いだろう。

カップアンドハンドルにおける”ソーサー”とは、カップの下の部分を意味している。

ソーサーとは、その名の通りコーヒーカップの受け皿からきており、形状が受け皿に似ていることからその名が付けられた。

実際には”ソーサー”もチャートパターンの一つであるが、

カップアンドハンドルの形成時には、よくみられるチャートパターンなので合わせて覚えておこう。

ちなみに、ソーサーには”ソーサーボトム”と、”ソーサートップ”の2種類がある。

カップアンドハンドル手法に関して詳しく学びたい方には、アメリカの投資家”ウィリアム・オニール”が、

1988年に発売した本「オニールの成長株発掘法(How to Make Money in Stock)」がおすすめだろう。

ただし、FX初心者には内容がとても難しく感じられると思われるため、

初めは専業トレーダーが発信しているYouTube動画などで学習した方が理解しやすい。

FX投資における学習方法は多岐にわたるため、自身に適したやり方で継続して学んでいって欲しい。

まとめ|カップアンドハンドルを学んで使えるチャートパターンを増やそう!

FX投資におけるカップアンドハンドルは、大衆心理を意識した逆張り・順張りの手法としてご紹介してきた。

市場においては比較的に出現する確率も高いため、覚えておくと今後のFX取引においては、

かなり重宝するチャートパターンだと言える。

ただし、FX初心者の場合はチャートに慣れないうちは見極めが難しく感じるため、

カップアンドハンドルだという確証が持てないうちは、安易にエントリーしないことをおすすめする。

FX投資で継続的に利益を出すためには、チャートパターンを覚えてしっかりとその後の動きに対し、

高い確証が持てるようになることがとても重要だからだ。

現時点で勉強不足、経験不足だと少しでも感じている方は、是非ともデモトレードなどを活用して、

カップアンドハンドルを探す練習から始めてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です